猫の手貸して

2014年生まれの長女・こまちゃんと、2018年生まれの次女・まめちゃん、2匹の猫・キジトラとミケとの日々を4コマ漫画で綴っています。

カテゴリ:猫の話 > 茶トラを拾った話

おはようございます!いつもありがとうございます!本日茶トラ編最終話です。途中中断したり更新スピードが遅くなったり当初の予定よりかなり完結まで時間がかかってしまいました。お待たせして申し訳ありませんでした!それでは最終話どうぞ!※注意※続きものなのでぜひ一 ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


本日茶トラ編最終話です。


途中中断したり
更新スピードが遅くなったり
当初の予定よりかなり完結まで
時間がかかってしまいました。

お待たせして
申し訳ありませんでした!




それでは最終話どうぞ!




※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。
今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。




{C2AEDC45-C252-44A8-9D99-51D51A84088E}

{F22C4461-5836-4140-BA8C-0CFE4B08162B}

{8CA8D2ED-A0A8-46D0-99CB-1CBB8AFB319E}

{E8FB96FA-9141-4FD6-BD61-CDFEB0E93D60}

{FEEF1EC3-4E16-4D88-8498-60901D15725F}

{A10C1A58-5956-4D0F-A3A4-065B61C186CC}

茶トラという毛色の猫は
楽観的でひょうきんな性格の子が
多い傾向にあるそうです。

あまり執念深くなく
根に持ったりもしないと言います。



猫のほとんどが雑種ですし
この情報自体信憑性がないので
どこまであてになるか不明ですが
私はちょっと信じています。



きっと辛いことは
もう忘れてるだろうと。



その代わりに
私は忘れずにいるつもりです。





私は捨て猫は絶対拾え!
野良猫の面倒を見ろ!
動物を愛そう!と
そういうことを言いたくて
この話を書いたんじゃありません。



そうではないですが

人間には無意味に命を
脅かすだけの力があり
バレずにやる頭脳と狡さがあり
そうしてしまう弱さがあります。


それは動物だけではなく
人にだって向けられるものです。


そういうものを
人間である以上誰だって
隠し持っているということを

私だって持っているということを
私自身忘れずにいなくちゃなと


そして子育てをしていく上で
人としてどうあるべきか
次の世代に教えていかなくてはと


そういう風に思っているので
書きました。





読んでくださった方の心に
私の言葉が
少しでも残ったら幸いです。






✳︎✳︎✳︎


茶トラ編
長々お付き合いいただき
本当にありがとうございました!


キジトラ編はまた
病気の話が書き終わってから
ゆっくり始めようと思います!






追記


2016年10月9日
茶トラはお空に帰りました。

詳細はこちら→茶トラ


ここまで読んでくださった方々
茶トラを好きでいてくださった方々
暖かい言葉をくださった方々

皆様に改めてお礼申し上げます。


2016.10.14
ぴなぱ





Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもありがとうございます!今日は茶トラの話です。※チェックリストに更新記事が出なくて何度も更新し直してしまいました。更新通知が何度も届いた方申し訳ありませんm(__)m※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中に ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


今日は茶トラの話です。


※チェックリストに更新記事が出なくて
何度も更新し直してしまいました。
更新通知が何度も届いた方
申し訳ありませんm(__)m



※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。
今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。




{BC8D4061-999B-4042-B325-2F76EC024A0B}

{7A0BFFDE-3009-4239-8A81-020233600B06}

{099B2A7C-37A5-4080-B329-9D0A6AE66BA0}

{75E806A0-3B90-4BFF-A0A8-C3D950DEE687}

















{8BAD00B4-0CC4-4B5F-9ED9-7C8B65A904DE}

{46D258D2-5951-4D7D-8929-37C8845F3FB3}


ずっと鳴かれると
気が狂いそうになりました。


当時は私も余裕がなかったし
余計ですね。


うるさい!黙って!と思う反面
自分がもっと構ってあげれば
鳴き止むこともわかっていて
わかっていてもできないことに
自己嫌悪を感じていました。




朝も早くから鳴いて起こされるので
睡眠時間もさらに削られ
心身共に追い詰められていました。



同じにしたら不愉快に思う方も
いらっしゃるかもしれませんが
動物を育てるというのは
人間の育児と似てると
私は思っています。



私はこうして茶トラと
別の話になりますがキジトラと
2匹に勉強させてもらったので

娘の育児では
少しだけ余裕ができました。


人間の方がそりゃ大変ですけどね。



でも茶トラの時みたいに
泣いてイライラということは
娘の時はほとんどなかったです。



教訓にしてるのか
ただ慣れただけなのか

その辺はよくわかりませんが。笑




✳︎✳︎✳︎


本当はここまでで
茶トラ編は終わりにして
キジトラ編に続けるつもりでしたが

なんかもやっと終わりすぎだし
まだ続いてんじゃん!って感じだし
次回最終話で一度現在とリンクして
ちゃんと締めることにしました。


キジトラ編も引き続き
読んで頂ければ嬉しいですが
病気の話を先に書き終えたいので
しばらく書けないと思います。

もう待てないよ!って方も
当然いると思いますので
茶トラ編は茶トラ編として
読み終えて頂ければと思い
最終話は書き直しました。


それでもモヤっとしたら
ごめんなさいm(__)m




明日最終話です。





Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもありがとうございます!今日は茶トラの話です。今日含め茶トラ編あと3話ですよ~!※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中にはヘビーなものも含まれますので苦手な方はご覧にならないことをおすすめいたします。【 ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


今日は茶トラの話です。
今日含め茶トラ編
あと3話ですよ~!




※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。
今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。





{1E9B725F-EAEC-4522-B83A-F2EE7271DB80}

{ED3BB501-2580-4CA1-883F-FFB9082557FE}

{702242BF-4419-47CD-995B-9CBDD03B7070}

{575947DC-61A2-481F-B479-07EA15FC4A97}

1話で書いた通り私は当時学生で
茶トラを拾ったのが1月
今日の話は大学4年生になる直前の
2~3月くらいのことです。



前にちらっと書いたんですが
私は大学で染め物をしてたんですね。

機械や場所が必要なので
学校でしかできない作業が多く
みんな毎日朝から晩まで
学校に篭ってるような学科でした。
(単に学校が好きだったのもある)


さらにこの時期グループ展も控えてて
その後には卒業制作も待っていて
よくわからない学外活動にも
参加していて…と

まあつまり忙しかったんです。



で、美術ってのはだいたい
そうだとは思うんですが
染め物も例に漏れず
お金がかかります。

正直買ったほうが安いだろ
ってくらいにはかかります。

もちろん学費とは別で。



材料代だけじゃなく
展示をする場所代もいります。


数万単位でばんばん使うし
家の家賃や生活費もいるので
結構真剣に稼がないと
追いつきませんでした。


まあそれでも遊んでたんですが。笑
そしてさらに金欠に…


遊びも含めなんかいろいろ
多分私の人生で一番がんばってて
一番忙しい時期でした。

反動で今は全然がんばりたくない←こら




そんな生活になってしまったので
茶トラに構う時間は
ほとんどなくなっていったわけです。



すっかり甘えん坊になった途端
ほっとかれるようになって
茶トラも悲しかっただろうなと
今になって思います。




続きます。





もうすぐ最終話なのに
なんか暗くなってきましたよね。


ご期待に添えないと申し訳ないので
先に言っておきますが
あんまりすっきりしない
終わりになるかもしれませんよ。コソッ






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村









おはようございます!いつもありがとうございます!お待たせしました今日は茶トラの話です!今日を含めあと4話で一度茶トラの話は終わります。すでにあらすじだけは最後まで書いたので来週中を目処に完結させるつもりです。では今日のお話。※注意※続きものなのでぜひ一話か ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


お待たせしました
今日は茶トラの話です!


今日を含めあと4話で
一度茶トラの話は終わります。

すでにあらすじだけは
最後まで書いたので来週中を目処に
完結させるつもりです。




では今日のお話。


※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。
今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。





{C7FB1BE2-0F26-45EC-A0AB-41EFE3A18534}

{0556A8F9-C0BF-474A-A3A7-40344C0DF9EF}

{290508CB-6904-4257-BFD4-6D7AA867C408}

{F686BC80-7392-45DA-901C-2CF82FEA945D}

猫を飼ったことのある方は
わかると思いますが

いわゆる猫タイプと言われる
クールで単独行動が好きで…
っていう子もいれば

この茶トラみたいに
いつでもどこでもついてくる
いわゆる犬タイプの猫(?)も
結構います。



余談ですが私の実家で飼ってた
犬の中には逆に猫タイプの子
(ややこしいな)もいました。


当たり前ですが
動物でもどういう性格かは
個体差があるということですね。




拾ってから1ヶ月ちょっと

学校にいる時間も極力減らし
(課題や作業があるのでみんな
一日中学校にいるようなとこだった)

引っ越してすぐ探すはずだった
バイトも保留にして

その他いろんなことを
できるだけやらずに
茶トラを看てきたけど

いつもでもそうはいきません。



身体も元気になったし
こんだけベタベタついてくるくらい
信頼関係も築けたようなので
もう心配いらないかなと思い

私は私の本来やるべきことを
やることにしました。



続きます。




Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村



おはようございます!昨日の深夜のぼやきにたくさんのいいねコメントありがとうございます。みんな夜更かし&早起きなんだなわざわざ書く必要もない話だったのに一緒に喜んでいただけてとっても嬉しかったです。記事は消そうかとも思いましたがせっかくコメントいただいたので ...


おはようございます!


昨日の深夜のぼやきに
たくさんのいいねコメント
ありがとうございます。


みんな夜更かし&早起きなんだな
わざわざ書く必要もない話だったのに
一緒に喜んでいただけて
とっても嬉しかったです。


記事は消そうかとも思いましたが
せっかくコメントいただいたので
このままにしておこうと思います。


もしもっとコメントが増えるようなら
ひとつひとつにお返事は
難しいかもしれませんが
大切に読ませていただきました。


本当にありがとうございます!




では通常更新に戻ります!

今日は茶トラネタです!



※注意※
続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。
今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。





続きです。
4コマに収めたつもりが
5コマあったよ☆テヘ(どうした)


{ED26EE8C-6A77-49F4-9AE1-D80F46E74406}

{4B4EEC38-E9B5-44B1-8A9A-702C8E26C5C6}

{D9EEEED1-D61E-40F2-91DA-2E49BE3A5087}

{0AA296C9-93F1-4845-9510-FE5AF07AD50F}

{EC9B7F84-FA29-44EA-A3C0-FCC3B5F4BB01}

※衛生面の保証はできないので
むやみに真似しないでくださいね!



普通犬や猫は兄弟同士の
じゃれ合いで甘噛みを覚えるので
私が兄弟役になってやろう
というわけですね。


この作戦が効いたのか
ただ飽きたのかわかりませんが
噛みぐせは意外と早く治りました。



一緒に寝てくれるようになり
距離もぐっと縮まったのはいいけど
猫の舌ってザラザラなんですよ。
私も飼うまで知らなかったけど
本当ザラザラで痛いです。


ただ余談ですが
キジトラの舌はそんなに痛くないので
個体差があるのかもしれません。

茶トラの舌は相当ザラザラです。



でも自分で誘導したとはいえ
猫が舐めてくれるほど
懐く生き物とは知らず
ちょっとびっくりしました。


ちなみに噛み癖は治っても
引っ掻くことは多く
(故意かどうかは別として)
生傷はその後も絶えませんでした。笑



茶トラ編もうちょっとで終わり
その後キジトラ編に続きます!






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村



おはようございます!いつもありがとうございます!今日は茶トラの話です!※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中にはヘビーなものも含まれますので苦手な方はご覧にならないことをおすすめいたします。【茶トラ編1】出逢い【茶トラ編2】元 ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


今日は茶トラの話です!



※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。

今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。






{D33A1B2C-69B8-4C59-9E9C-E0DFBB5A80C4}

{3EBFCDAC-3431-450D-8B0A-43588DF265CB}

{4D1B2CA3-A608-48D6-BC4C-F3C25E808C09}

{CB3D448A-4F81-4718-8679-07D86FD9C166}

噛みグセの話は
全然シリアス要素なしなので
ご安心ください!


仔猫らしい無邪気さを取り戻した
と思えば微笑ましいですが
当時は困ってしまいました。


この時1月か2月の寒い時期で
賃貸のアパートだったので
夜は家の中でも寒いんですよね。

ご飯の次は暖かい布団で
もっと安心してほしい!
と思って入れたのに
覚えたのは布団の暖かさより
私を噛む楽しさ。


私が布団に入ると噛みにくるように
なってしまいました。



噛みグセの話次で終わります(多分)





Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもありがとうございます!さてさてお待たせしております。今日は猫の話です。4コマは書けてたんですが当時の写真を載せたくてわちゃわちゃしてました。なにせ当時のガラケーにしかデータが残ってなくて。。一応載せられました。一応ね…。詳しくは後 ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


さてさてお待たせしております。
今日は猫の話です。


4コマは書けてたんですが
当時の写真を載せたくて
わちゃわちゃしてました。


なにせ当時のガラケーにしか
データが残ってなくて。。



一応載せられました。一応ね…。

詳しくは後半で!


まずは4コマどうじょ。



※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。

今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。





{4485111C-B3F6-496C-BC9D-7F0555E16318}

{03754327-CBE2-4E65-AD64-CFD04FC23B65}

{F5B62E71-9607-474A-9A48-3708FFB2962F}

{66A14BCD-C64E-4A0D-A3AF-357619619EE6}

おわかりいただけたでしょうか?


そう!
実際のビフォーアフターを
お見せしたかったのです!!!


しかしですね…
いざ見返してみたら
ビフォーがわりと閲覧注意系で…


載せていいものかと。。


でも動物の顔って環境次第で
こんなにも変わるんだよ!!
っていうことも伝えたい。


ということで
アフター→ビフォーの順に載せます。


そしてビフォーの方は
ちょっと加工しました。


それでも嫌な方は嫌だと思うので
アフターだけ見ていただいて

ビフォーは私のイラストで
想像するに留めて頂ければと思います。



あ、結局データ移行はできず
画面を写メりました。(原始的!)

画質が悪くてすみませぬ。



ではまずはアフター

{A232EA8D-7EE9-4824-A295-93ED5C50DD24}

かわいいです!
お目めクリックリです!

ちなみに現在もこんな顔ですが
もういいおっさんなのでさすがに
ここまでまん丸お目めじゃないです。


まあ雑誌やCMで観る猫さんに
比べたらアレだと思いますが
これで野良猫だったと思うと
かなり美猫の部類でしょう!


え、やっぱり親バカ?猫バカ?





ではビフォーの方へ。








大丈夫ですか?








苦情はなしですよ…?







大丈夫ですね!

ではどうぞ!







{F166A8A1-ED6A-489B-9038-4E8F35677172}


比べやすいようもう一枚

{206DFBD8-6623-4661-A8C8-176310F43E32}

なんということでしょう…


あ、口元はちょっと血や汚れが
落ちきっていなかったので
さすがに隠しておきました。



こういう顔(+威嚇付き)だと思って
1週間くらい一緒にいたんですよ。。



アフターの顔になった時は
そりゃびっくりしました。








Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもありがとうございます!先日アメトピに載せていただいたのとピックアップブログ?の、出産レポ特集?みたいな?よくわかりませんがそちらに出産話を載せていただきました!もう出産話が再び日の目を見ることはないと思っていたのでとっても嬉しい ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


先日アメトピに載せていただいたのと
ピックアップブログ?
の、出産レポ特集?みたいな?
よくわかりませんがそちらに
出産話を載せていただきました!


もう出産話が再び日の目を
見ることはないと思っていたので
とっても嬉しいです!


アメーバさんありがとうございます!




さて今日は猫を拾った話です。




※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。

今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。






では続きです。

餌を食べない茶トラを
心配していた私ですが…

{C59BB680-9F05-469C-BE6E-8A879ABA4D79}

{C471D4DD-0C89-4DAF-9CE3-89402D369371}

{627A57CC-D575-4E5F-9B43-3A35F3799270}

{6338966A-936B-4D41-96C1-533EA6ED8C00}


頭の怪我のときも言いましたが…


なんだそれ!



茶トラには拍子抜け
させられてばかりです。


そしてこのときほど
母がムツゴロウさんに見えた
ことはありません。



元々母は動物にやたら好かれる人で
世話好きで経験も多いので
美味しい餌なら食べるんじゃね?
と思って試しにあげてみたら
当たりだったそうです。



なんか真面目に病院の餌
あげなきゃダメなんだ!!と
思ってた私バカみたいですね(o_o)



こうしてとりあえず
餌は仔猫用のウエットフードに替え
ある程度慣れてから徐々に
ドライフードも混ぜていき
最終的にはカリカリオンリーで
食べてくれるようになりました。


病院の餌は結局
全然食べずじまいでした(-。-;
オキニメサナカッタノネ



前回どんよりムードだったくせに
こうして餌問題は母のおかげで
あっけなく解決です。



餌を食べるようになって
少し警戒も取れたものの
慣れるまではもう少し。


あとは時間の問題でもありますが
もう少しだけ茶トラ編続きます。






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもありがとうございます!すっごく間が空いてしまいましたが今日は茶トラの話の続きです。本編に入る前に少し長くなりますがお詫びをさせてください。この2ヶ月ほど茶トラの話はお休みしていたわけですがその間も「茶トラ話の続きを」というコメント ...

おはようございます!
いつもありがとうございます!


すっごく間が空いてしまいましたが
今日は茶トラの話の続きです。



本編に入る前に
少し長くなりますが
お詫びをさせてください。


この2ヶ月ほど茶トラの話は
お休みしていたわけですが
その間も「茶トラ話の続きを」
というコメントやメッセージを頂き

そんな風に待っていてくださる
方々がいることは本当に嬉しくて
ありがたいことだと思っていました。


私としても書く時間がないとか
当然過去の話なのでネタがないとか
そういうことはなかったですし

実のところ今日の漫画なんかは
入院前に描いてあったものなので
いつでも更新できる状態でした。



ただ茶トラの話は私の中でも
少し重たい思い出で
茶トラを拾った時期というのも
私生活で悩みが多かった時期で

書いているとそういうことを
思い出してしまうんですね。



元気なときは懐かしいなくらいで
済ませられますし
そもそも自分で書き始めた話なので
書いてて辛いとかではないんですが

入院したりして
ちょっと気持ちが落ちていたので
できれば重い話はしたくないし
書いても必要以上に暗いだけの話に
してしまう気がしたんです。



そういうわけで
待っていてくださる方々には
申し訳なかったのですが
意図的にお休みをしておりました。


余談ですが同じ理由で
入院中の話も書きたいけど
書けずにいました。



なんですが、ここ最近
むしろ暗い感情も
吐き出した方が楽かも?と思い始め
入院の話も書こうかなと思ったり

茶トラの話も書きたいなと
思うようになったので
再開することにしました。



言い訳がましくなりましたが
「なんで他の話は書けるのに猫の話は書けないんだ?」
と疑問に思われている方も
いらっしゃるかと思い
ご説明させていただきました。



だって私だって漫画家さんとかが
途中で止まってる連載があるのに
他の連載は毎週描いてたりしたら
こっちも描いてよ!?
って言いたくなりますもん!


プロの漫画家さんと同じにしたら
おこがましいですが。。



そういう事情ですので
もしまた話が途切れるようでしたら
「ああまたあいつ沈んでるんだな」
くらいに思って生暖かく見守って
いただければ幸いです。


また、以前は週2と決めていましたが
当面は曜日は決めず
茶トラの話は不定期更新とし
書けた時点でUPさせて
いただこうと思います。



長々失礼いたしました!
では本編いきます!

ちらっと書きましたが
今日のは入院前に描いたものなので
最近のとちょっとだけ描き方が
違いますがお気になさらず!


※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。

今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。





{EA05C299-35F4-478D-8C0F-A110FFB353EC}

{E66102D3-75EA-40AE-BB2B-A2B2E02D41AE}

{6F2AAA2B-B828-4CAC-BF0B-1CE3D6759549}

{1EF1849D-2AB4-4CB0-A48E-26458C99EF01}

{1C82D52E-22C6-4854-99F2-7E2CCA736BE1}

{65ECE697-801D-40F4-B4F6-DF196AD0D40C}

もちろん今はこんな風に
思ったりしませんが


当時は威嚇されるたび
「お前のせいでこんなに辛い」
「あのまま死にたかった」
「俺は生きていたくなんかない!」
そう言われている気がして

餌を食べないのは
生きる気がないからじゃないかと
思ったりしました。



こんなに人間が怖いのに
私が飼っていいのかとも思いました。

野生に返した方が
いいんじゃないかと。



でもそうしなかったのは
最初に獣医さんで
「怪我や病気をした子は野生に返したら
結局また同じ目に遭う」
と言われていたからです。


本当のところ私には
どちらが正解なのかわかりませんが
とにかく拾った責任だけは
取らなくちゃと思いました。


私はかわいくて甘えてくれる
猫が飼いたくて拾ったんじゃなく
死にかけてたこの子を
死なせたくなかったから拾った。


だったらこの子が私を
どんなに嫌おうが怖がろうが
どんなにこの子が死にたかろうが
生かしていくことが
責任を取るということじゃないかと。


そんなことを思いながら
でも本当にそれでいいのか迷いながら

3日くらいでしょうか。
拾った日からだと一週間弱です。

茶トラは一切餌を食べず
いよいよ病院で栄養剤を
打ってもらわないとダメか?
と思っていました。


続きます!










Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!コメント返し今日します!遅れてすみません!では今日は猫を拾った話です。※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中にはヘビーなものも含まれますので苦手な方はご覧 ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



コメント返し今日します!
遅れてすみません!



では今日は猫を拾った話です。





※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。

今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。






続きです。


{B8206CA6-FC28-4B0E-A557-73AACA5121FE}
{0D4652CB-2F8F-4C49-A9AF-87BDD896FED8}
{1239D341-6858-495B-B752-1C44292E1CEF}
{E620B563-AA3D-4135-AE3B-ADB72B2B6ECD}


動物病院での話はこれで終わりです。


頭の治療はしていませんでしたし
精密検査もしなかったので
これ以上病院に行く必要もなく


意識が戻って動けるなら
自分で餌を食べたほうが
回復が早くなるということで
栄養剤も止めになりました。




この病院でしてしてもらった治療は
私が希望したこともあり
必要最低限のものでした。


それだけ見たらたいしたことは
してもらわなかったのかもしれません。



だけど治療という面だけでなく
動物と向き合う姿勢や
命の扱い方みたいな

これから茶トラと暮らす上で
とても大切なことを
ここで教えてもらった気がします。





怪我の話はここまでです。


次回からは
警戒心たっぷりの茶トラが
私に慣れてくれるまでのお話です!






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!本当に本当の初言葉をアメトピに載せていただきました!アメーバさんありがとうございます!では本日は猫を拾った話です。※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中に ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



アメトピに載せていただきました!


アメーバさんありがとうございます!



では本日は猫を拾った話です。








では続きです。

意識を取り戻した茶トラ。
でも頭の怪我はこんなすぐには
治らないはず。

そしてなぜか布団から出ているけど
歩けなかったはずじゃ…?


{5636A310-81C1-4413-8091-761222508994}
{480F94B7-05EB-44EE-BF65-01E216E45BEE}
{4FFCD93E-CB0E-43D3-BB21-6D54EA6F01BF}
{9B14A115-4DED-4717-8D2E-3465B67544D1}


なんだそれ!!
なんだそれ!!
なんだそれ!!


実際歩けなかった原因は
よくわからないんですが
凍傷になりかけてたとか
そんな感じなのかなと思います。



凍傷ならいいってわけじゃないですが
一生歩けないんじゃないか
そうじゃなくても治療やリハビリが
必要になるんじゃないか
と思っていたので

なんだか拍子抜けしました。




もうひとつ最初の方で
片目が開かなかったと書きましたが
それも脳とは関係なく
野良猫がかかりやすい病気が
原因だということがわかり

そちらも後々予防接種と目薬で
治療(予防?)するだけで済みました。



今は季節によって
たまにシパシパするくらいで
日常生活には全く問題なしです。




もちろん足の方も。

今は太ってしまって少々鈍いですが
元気に走ったり飛んだりしています。



そんなわけで目覚めから
一気に復活しましたが
茶トラの話もう少し続きます。







Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


こんにちは!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!本日猫を拾った話です。※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中にはヘビーなものも含まれますので苦手な方はご覧にならないことをおすすめいたします。【茶トラ編1】出逢い【 ...

こんにちは!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!


本日猫を拾った話です。



※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。



今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。






では続きです。

{FBEEA390-D046-4DB0-A295-8E681E8916B2}
{6F4642CF-EEEC-4282-8B95-69B30F9852C4}
{D18B4E4B-DE82-4A23-8036-760C0F4FA6F1}
{E6B98823-E89A-45BB-88B0-B0C58378ACE4}


茶トラが生死を彷徨ったのは
たったの3日間でした。


なんだ短いじゃん
と思われるでしょうか?


私も書いてて思いました。



でもこの時は
そのたった3日間が
すごくすごく長く思えました。




前回茶トラの名前は何になったのか
というコメントを頂きまして

特に隠したいわけではなく
書くまでもないかなーと思い
書かなかっただけなので
今更ですが書いておきます。


茶トラの本名は
ライオンから取って「らい」
といいます。


名前を付けた翌朝に目覚めたので
あながちこの名前の効果は
なくはなかったのかなー
なんて思ったりします。






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!本日猫を拾った話です。※注意※ 続きものなのでぜひ 一話から順にお読みください。 今までの話の中には ヘビーなものも含まれますので 苦手な方はご覧にならないことを おすすめいたします。 ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



本日猫を拾った話です。



※注意※ 

続きものなのでぜひ 
一話から順にお読みください。



 今までの話の中には 
ヘビーなものも含まれますので 
苦手な方はご覧にならないことを
 おすすめいたします。



 【茶トラ編1】出逢い 
【茶トラ編2】元に戻せ 
【茶トラ編3】お金が気になる 
【茶トラ編4】衰弱 
【茶トラ編5】野良猫 
【茶トラ編6】頭 
【茶トラ編7】原因 
【茶トラ編8】選択肢 
【茶トラ編9】また明日 
【茶トラ編10】私にできたこと



では続きです。

意識が戻らないまま2日目。
鼻血は止まったようなので
病院では栄養剤だけ
注射してもらいました。

まだ油断はできないと言われ
待合室に戻った時のお話です。


{A9375AE9-F812-410D-8C0F-05E2A5F40CA5}
{616C45BB-3134-442C-92E1-8F3115427C6F}
{65138F7B-EC72-4523-81BF-C25E6C5E4281}
{7C5863D7-0B28-4C7D-8A60-26DEED4C90E6}
{0B383C0C-2580-4A5A-87AD-CC63788E899E}
{D0C955DE-46EB-4481-83CB-92AB08398F35}

飼うとは決めていたものの
もし助からなかったらと思うと
名前をつけて情が移るのが
怖かったんだと思います。


覚悟が全然足りなかったんですね。



奥様が優しく諭してくださり
「看取るってそういうことか」と
目が醒める思いでした。



動物からしたら
名前があろうがなかろうが
どっちでもいいことかもしれませんが

誰かの手の中で
誰かに想われながら
生きていた証という意味で

名前を付けてあげるのは
意味があることだなと思いました。




茶トラには
強く生きていけるように
猫よりもっともっと強い
動物をもじった名前を付けました。




2日目はこうして名前がつき
それ以外は特に悪化も回復もせず
変化のないまま終了です。






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!今日は猫を拾った話です。※注意※続きものなのでぜひ一話から順にお読みください。今までの話の中にはヘビーなものも含まれますので苦手な方はご覧にならないことをおすすめいたします。【茶トラ編1 ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



今日は猫を拾った話です。



※注意※

続きものなのでぜひ
一話から順にお読みください。

今までの話の中には
ヘビーなものも含まれますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめいたします。





では続き。

前回の最後に1日目終了と
書いてしまいましたが
一番の峠と言われた1日目の夜

家ではどう過ごしたのかを
少しだけ書こうと思います。

{0CA4D66E-E581-4601-AD74-93F225CFE8F6}
{F4F87E1E-6E41-438C-956C-96B71474B05B}
{85F3D70E-408D-40BC-AA72-0A0A264A0F76}
{07D4621E-270E-4C16-B2F5-757FC911E362}


コメントなどで
「看病が大変だったでしょう」
「がんばりましたね」
などの優しい労いのお言葉を
頂いておりましたが

実際に私にできたのは
本当にこれだけのことでした。



動物用ヒーターなどは
もちろん持っていませんでしたし
病院で教えてもらった

ペットボトルにお湯を入れて側に置き
それが冷めてきたらお湯を替え…
あとはひたすら念じるのみ。

という看病とすら言えないことしか
できませんでした。



私の力などはほとんど関係なく
茶トラは自分の生命力で
助かったんだと思います。

あ、もちろん獣医さんのご尽力は
あってこそですが。



人間にできることなんて
ほとんどないんだなあと
無力さを噛み締めるとともに

動物の生きる力の強さに
驚き感動しました。



今度こそ1日目終了です。





Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!本日は猫を拾った話です。※注意※続きものなのでぜひ一話からお読みください。ただし今までの話はヘビーなものも多くなっていますので苦手な方はご覧にならないことをおすすめします。【茶トラ編1】 ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!


本日は猫を拾った話です。




※注意※

続きものなのでぜひ
一話からお読みください。

ただし今までの話はヘビーなものも
多くなっていますので
苦手な方はご覧にならないことを
おすすめします。





では続きです。


{1F2DC583-B5A5-43AA-9389-1D8DA45AE8AA}
{B4116D40-96AF-4090-8AB5-70DAF2AF0461}
{777611B2-DF3E-44F8-AEC1-C3D382B61F5C}
{DB8E97A5-B9F4-415D-BADD-5897B675DBDD}


治療は最小限のものでしたので
栄養剤と頭の出血を止める薬だけ
注射してもらい入院はさせず
自宅で診ることにしました。


動物の治療費は保険がない分
結構バカになりませんし
病院で扱っている餌というのも
なかなかいいお値段がします。


治療費をまけてくれたから感謝
ということではないのですが

当時自分ひとりの生活費
精一杯だった私にとっては
本当にありがたかったです。



回復後の予防接種や去勢は
もちろん定価でお支払いしましたが
この瀕死状態の時の治療費は
後から請求されることもなく
本当に善意で診ていただきました。




ご夫婦でやっている病院だったので
受付にいたのは奥様なんですが
明るくて心強い方で

待っている間も気さくに
話しかけてくださって
不安が少し和らぎました。



今夜を乗り越えて
また明日このお二人に会いたいなと
そんなことを思いつつ


長かった1日目がやっと終了です。



Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!本日猫を拾った話です。ヘビーなのは前回までみたいな書き方をしましたが今日もそこそこヘビーかもです。※注意※ヘビーなので苦手な方はご覧にならないことをおすすめしております。見てくださると ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!


本日猫を拾った話です。


ヘビーなのは前回までみたいな
書き方をしましたが
今日もそこそこヘビーかもです。



※注意※
ヘビーなので苦手な方は
ご覧にならないことを
おすすめしております。



見てくださるという方は
続きものなのでぜひ
一話からお読みください。




では続き。

診察室のカットももう飽きたので
前半の状態説明はまだお空にいた
こまちゃん&キジトラの画で
お送りいたします。

{C49D4670-F56A-4F05-86C5-D78735DD212C}

{E0D0F3FE-5EA1-4C69-AB4D-11106F17F8E9}

{5C149270-53EB-498C-957B-EAD6342F8327}

{13BFEC33-B6AB-437F-8466-CC713F468A02}

{CED81A5E-BEE4-484B-A53F-6FC77B63C317}

{FF6D1B17-9744-44A8-926C-45D7E0CA05DE}

誤解のないよう言っておきますが
先生に安楽死を薦められた
わけではありません。

こういう選択肢もあるということを
伝えないといけない状態
だったんだと思います。



私自身の考えとしては
安楽死を否定も肯定もできません。


人間の都合で殺処分される
場合は別として
この時の茶トラのように
生き延びたほうが苦痛という
場合もあるのかもしれないので

それなら安らかに逝かせてあげるのも
ひとつの方法なのかとも思います。



でもこの時の私には
命の選択なんて大それたことは
できませんでした。

多分少しは大人になった今でも
やっぱり無理だと思います。



治療は負担の少ない最低限のもので
なるべく自然に任せる形で

この子が生きたいと思ってるなら
生き延びるだろうし
もう諦めているなら
私も諦めようと思いました。



回復後の話に続きますが
本当に生きたいと思っていたのか
あのまま終わりたかったんじゃないか

私はこの子が苦しむ方を
選んでしまったんじゃないか

そう迷うことがよくありました。


今はもちろん助かってよかったと
思っていますが
命の選択というのは
どっちを選ぶにしても
覚悟がいることだなと思います。




Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!【茶トラ編6】頭をアメトピに載せて頂きました!アメーバさんありがとうございます!今までになくたくさんの方が新たに読者登録してくださったんですがほ、本当に大丈夫ですか…?茶トラの話は暗い上 ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



【茶トラ編6】頭をアメトピに
載せて頂きました!

アメーバさんありがとうございます!


今までになくたくさんの方が
新たに読者登録して
くださったんですが

ほ、本当に大丈夫ですか…?
茶トラの話は暗い上に
このブログ一応育児ブログですよ!



と、お断りしたところで
今日の話は本当にキツイです。


キツイ上に私の主観でしかなく
思い込みだけで書いています。


それは違うんじゃと思われる方も
いらっしゃると思いますが
実際にその場で見て感じた
私が書くことです。

そう感じる状況だったと思って
読んでいただければ幸いです。



※注意※
ヘビーなので苦手な方は
ご覧にならないことを
おすすめしております。



見てくださるという方は
続きものなのでぜひ
一話からお読みください。





頭が割れていた茶トラ。
原因はなんでしょう。


引っ張りたくないのでコマも文字も
少々長いですが
一気にお送りします。


{FE618238-C714-43B2-A264-4F2092B593BF:01}

{F46BED87-0F81-45DB-A6FC-64865A7A2170:01}

{A69013EB-BB15-4B78-AF00-C7B65B6DB40B:01}

{562A1D52-55F4-4403-B2B8-F1C3073E067F:01}

{17E75985-7009-4F67-A6EA-391A93B56852:01}

{F5DC5DC8-C7B7-4A83-A9B7-13C27BCA509C:01}

{CA0E3E50-27E7-44BC-B5D3-BC70AFFA907F:01}

すごく曖昧ですみません。
この表現が精一杯でした。


この時の茶トラの大きさは
2リットルのペットボトルより
一回り小さいくらいでした。



それが車に撥ねられたとして
頭の、しかも耳と耳のちょうど間
指1、2本分くらいの場所だけ
骨折するというのは

ペットボトルを走行中の車に
ぶつけて蓋だけ飛ぶようなものです。



絶対にありえないとは言えません。

でも限りなく難しいと思いました。




人間だったら
頭を狙うのはわかるけど。





ちょっといたずらしてたら
動かなくなっちゃったから
ゴミとして出した。


そういうことじゃないの?と。

だってその方が
しっくりくる状況だったから。




憶測でしかありませんが
許せないと思いました。


先生の言葉がなければ
どうにか原因を突き止めたいと
それしか考えなかったと思います。


冷静になれたのは先生のおかげです。



確かに原因をいくら考えても
茶トラが助かるかには
関係ないことです。



考えずにはいられませんでしたが
とにかくそれよりも
今後のことを考えなくては、と。




結局今も原因はわかりません。

でも今でも私は事故だったとは
どうしても思えないでいます。








Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!本日猫を拾った話です。今回と次回がハイライトというか特にヘビーになりますのでお気をつけてお読みください。※注意※ヘビーなので苦手な方はご覧にならないことをおすすめしております。見てくだ ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



本日猫を拾った話です。

今回と次回がハイライトというか
特にヘビーになりますので
お気をつけてお読みください。



※注意※
ヘビーなので苦手な方は
ご覧にならないことを
おすすめしております。



見てくださるという方は
続きものなのでぜひ
一話からお読みください。






では続きです。


{52249036-DE38-405A-B91A-2CA18F124878:01}

{38E7E60C-72C5-4706-9C6F-A106297425D0:01}

{34BDD995-3F5E-4119-8251-FD84059E8ACB:01}

{DC6E3B06-D0EF-4720-AD51-16671D8EA905:01}


「頭が割れてる」

どうでしょう。
私には絶望的な言葉に聞こえました。




一番最初に言いましたが
深刻な感じになってるので
もう一度言っておきます!


茶トラは今は元気です!



ここから助かりますからね!
そこんとこはご心配なく!




頭の話、次回に続きます。





Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


おはようございます!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!乙女の心理をアメトピに載せて頂きました。アメーバさんありがとうございます!本日猫を拾った話です。今日から数回動物病院編です。※注意※ヘビーなので苦手な方はご覧にならないことをおすすめし ...

おはようございます!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!


アメトピに載せて頂きました。


アメーバさんありがとうございます!




本日猫を拾った話です。
今日から数回動物病院編です。



※注意※
ヘビーなので苦手な方は
ご覧にならないことを
おすすめしております。



見てくださるという方は
続きものなのでぜひ
一話からお読みください。






では続きです。

どんどん衰弱していく茶トラを
動物病院に連れていったわけですが…



{379750D0-1787-4E1B-80C7-2544A0AC5D76}

{B250DF12-C7F7-454D-A7BE-2FBFF2F75FAF}

{4DD4226E-12DC-4DB2-B2A9-DA4CB6341874}

{C86E05AE-C855-4102-B03E-330774AF9A97}



2コマ目の先生のセリフ
まとめるために少しわかりづらい
表現になってしまいました。



病気になる猫、事故に遭う猫は
結局その時治しても
野生に帰せばまたすぐ同じ目に遭う。


それはある意味自然淘汰だから
人間が手出ししても
苦しみを先延ばしにする
あるいは2度味あわせるだけ。


その時かわいそうだからと
いたずらに助けることはできない。



先生の言っていたのは
そういう意味のことでした。



私もこの地域に
その後1年住んだだけですが
本当に野良猫の多い地域で

悲しいことですが車に轢かれ
助からない猫もたくさん見ました。




「飼う」と言った時の
先生の嬉しそうな顔を見て

こういうところで獣医をするのは
いろんな葛藤があるんだろうなと

なんだか切なくなりました。



でも同時にこの人はお金儲けじゃなく
動物のことを思ってくれている
獣医さんなんだなと

こういう人に見てもらえて
よかったなと思いました。





Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村


こんにちは!いつもいいねコメント読者登録ありがとうございます!さて本日は猫を拾った話です。※注意※ヘビーなので苦手な方はご覧にならないことをおすすめしております。見てくださるという方は続きものなのでぜひ一話からお読みください。【茶トラ編1】出逢い【茶トラ編 ...

こんにちは!
いつもいいねコメント読者登録
ありがとうございます!



さて本日は猫を拾った話です。




※注意※

ヘビーなので苦手な方は
ご覧にならないことを
おすすめしております。



見てくださるという方は
続きものなのでぜひ
一話からお読みください。





では続きです。


{6F90E00E-0B07-45C3-9372-406D3CD17DD0:01}

{29CBCD5C-CC77-47BA-AC54-AED9636466CC:01}

{DDB1B8D5-7182-4EA6-9AE7-7CB4C8AE994D:01}

{D2854334-7468-4982-ADFD-2625E00C41E6:01}

意識が戻ってホッとしたのも束の間。

どうやらこれは素人が
どうにかできるものじゃないと
動物病院を探し電話しました。



その時の茶トラは
片目が開かず足が動かない様子。
暖めてはいたものの
体温も低いままに感じました。



それとこの衰弱ぶりが
どう関係しているのか
私には全くわかりませんでしたが

この時様子を見ないで
病院に連れていってよかったと
後々思うことになります。



私はこの時足を怪我してるんだと
思い込んでいたわけですが。




次回から数回動物病院編です。






Twitter始めました→ぴなぱ@pinapapinapa



ランキングに参加中。
ポチッとしていただけたら嬉しいです↓
リンク


にほんブログ村